スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
マライア・キャリーってどうよ?
お相手:かなぺ氏(兵庫県在住)


hammer:なんかまた来日してましたね、マライア・キャリー。まあ、日本ぐらいでしか相手にされなくなったからね。あと元旦那はSONYを離れるそうな、新しいレーベルを作るらしい。

かなぺ氏:でも歌手としてはすごいなと思うよ。だって、歌はうまいやん。歌手はあくまで歌がうまかったらそれでいいと思うんでね。

hammer:確かに、歌唱力は認めますが、ただ、本人はセクシー路線をはってるつもりかもしれないけど、わたしからしたら、肉の塊にしか見えませんね。

かなぺ氏:ヘソ出し・ホットパンツ姿でソファーに寝転がってるCDジャケ(下図)で、男性ファンを取り込もうとしたのはイマイチやったけどね。

吹き出しをつけるなら“Com'on Guys!!”ってな感じでしょ。by.かなぺ氏

hammer:これも「もう離婚したからわたしはフリーよ!」っていう、彼女なりの貞操観を表してるんですかね。

かなぺ氏:でもSONYの社長と離婚したのが運の尽き。たとえ相手の性格と性癖にあわなくてもあの地位は守るべきやったね。あれ以上のアメリカンドリームはないよ。

hammer:そして誰もいなくなった…みたいなオチつき。

かなぺ氏:でもshowbiz的にはオイシイ存在なので…映画もこけたけど。場末のバーで歌うなんてことは絶対しちゃダメ。だってマライヤだから。「I am マライヤ!(映画もこけたけど)文句ある?」

hammer:うん、それはある。場末のバーなんて絵にならないからね。でも、それ以前に予約の段階でバーのマスターに断られるな。
| hammer | ザ・対談 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
裸足になるな、靴を履け〜日本人女性ミュージシャンを斬る
お相手:かなぺ氏(兵庫県在住)


かなぺ氏:個人的にステージ上で裸足で歌う女は嫌いです。そのほうが歌いやすいのは、もっともですが、なんか「地球とつながってる気がするの。」なんて理由を言ってる奴がいて、すげーむかつく。確か矢井田瞳だったと思うけど。

hammer:そうなんですか。普段あまり聴かないので、なんともいえませんが。

かなぺ氏:わたしは生理的に彼女がだめですね。笑顔・声すべてにおいて。

hammer:…。それはさておき、ステージ上で裸足で許されるのは、BJORKぐらいですね。

かなぺ氏:あとCoccoも。この二人は裸足系の別格だと思います。

hammer:同じ女性ミュージシャンでも椎名林檎が2月に3rdアルバムが出るそうで。

かなぺ氏:あのタイトル(『加爾基 精液 栗ノ花』)、CD屋で予約すんのに困るよね。

hammer:独特を超越して毒々しいですよね。個性と才能は高く評価できると思います。

かなぺ氏:それと女性としては扱いにくい下ネタをあそこまで使うってのはすごいし、それを売れ筋にしたのはすごいけどね。

hammer:しかしその内面爆発→自然→裸足という方程式を何とかできないんですかね。林檎だけではありませんが。

かなぺ氏:昨年デビューしたての中島美嘉も裸足ですよ。

hammer:あの人歌手本業なのに歌下手だよなあ。

かなぺ氏:昨年の年末にいろんな番組で見たけど、前傾姿勢で歌うのは、歌手失格。 あと手を上下に動かすのも音程をとりやすくするためやしね。(注:前傾姿勢は声がでやすい=そうしないとちゃんと声がでない。手を上下に動かすこと=そうしないと音程が不安定。両方ともコーラス・歌の世界ではタブー。)

hammer:辛口ですね。昨年デビュー組では元ちとせがいますが、彼女は裸足でも。歌が歌だし、神秘性もあって別にいいかなと思います。

かなぺ氏:うん。「奄美出身やし、いっかー。」みたいな。でも彼女の声を聞きすぎると、胸が苦しくなる。車のCMには激しく合わない声かと。

hammer:NHKの朝の連ドラにはいいですけどね。同じNHKでも「プロジェクトX」の中島みゆきはどうでしょうか。紅白の雰囲気は怖かったけど。

かなぺ氏:あのままTVの画面から出てきそうやった。しかも薄ら笑いやし。なんか呪われそう。でもなんか彼女の渋さは裸足より、靴より、下駄という感じですかね。
| hammer | ザ・対談 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
嗚呼、われらが青春ホフディラン!
お相手:ヤマモト☆サンセット嬢(兵庫県在住)


hammer:2002年、ナンバーガール、CIBO MATTOなどさまざまなバンドがそのキャリアに終止符を打ちましたが、ちょっとここではホフディランについて語ろうかと思います。正確に言うと活動停止なんですがね。

ヤマモト☆サンセット嬢:といっても、もう活動再開しないでしょうね。今までもったこと自体、奇跡に近いと思うし。だって、音楽性も正確も全然違うのにね。

hammer: 性格も合いそうないですよね。なんであの二人、知りあったんやろ。てか、あの二人デビューまで何してたのかさえ謎ですが・・・。

ヤマモト☆サンセット嬢:ユウヒ(小宮山雄飛)は確かゴルフ場とか経営する、資産家の次男坊で小さいころから大学まで成城通ってたらしいからね。ベイビー(渡辺慎)は一人っ子で甘やかされて育ったらしいよ。

hammer: ・・・。そら性格合わないわ。しかもよくご存知でね。わたしは高校時代『キミのカオ』をラジオで聴いてからですわ。

ヤマモト☆サンセット嬢:まあかな〜り昔から知ってるからね。

hammer: バンドサウンドに関しては二人ともすごく才能があるんだけど、そのベクトルは全然違うほうに向かってたように思います。それがうまく化学反応みたいなのをおこして、すごくPOPでシニカルな音楽が生まれていた気がしますね。

ヤマモト☆サンセット嬢: 才能そのものはベイビーのほうが断然あると思う。デビュー曲『スマイル』は死ぬほどべたで死ぬほど寒い曲なんだけど、すごい名曲になってる。わたしはやっぱり一番好きだし。♪いつでもスマイルしようね〜と一見優しく見えるんだけど、最後は♪すぐスマイルするべきだ、子供じゃないならねと突き放してる。それがベイビーの優しさというか、優しいし優しくされたいんだろうね。

hammer: 確かに。逆にユウヒのほうは成長率が高いですね。ソロで出してもファンがついてきてる印象はあるし。先日、SPACE SHOWER TVで『GET READY!!』のPVを見ましたが、ベイビーが内にこもるタイプなら、ユウヒは外に向かってメッセージを発信みたいな感じがした。

ヤマモト☆サンセット嬢: でもユウヒには優しさがないよね。ベイビーは隣にいるけど、最初からユウヒはそこにはいないみたいな。葬式にさえ来ない冷たさがあるよね。字、汚いし。

hammer:字は関係ないやろ。断然ベイビー派やね(笑)彼は、TOMOVSKYや曽我部恵一と、1月にセッションライブみたいなのを行うなど、音楽活動はちゃんと続けるみたいですよ。

ヤマモト☆サンセット嬢: それにしてもベイビーってカジヒデキとか曽我部恵一とか、ビジュアル面で日本の音楽界ある種代表する人らとつるむよね。ベイビーあの髪型なんとかならないのかなあ。

hammer:その辺に関してはベイビーに辛口ですね。さすがに献血の人にでさえ避けられる男、ベイビー。

ヤマモト☆サンセット嬢: あと昔、男の子が生まれたらユウヒって名前にしようって、思ってた。

hammer:ベイビーなんてせいぜい犬の名前だわな
| hammer | ザ・対談 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
すたれゆくアイドル・あみ〜ごと小室音楽。
お相手:うっちー氏(大阪府在住)


hammer:あみ〜ご(鈴木あみ)は最近サイトがオープンしたらしく、アクセス数も多いと音楽NEWSで話題になってたしわたしも覗いてみましたが、すたれていくアイドルをリアルタイムで感じてしまってブルーです。

うっちー氏:あみ〜ごのサイトは、自分のHPの雑記からリンクを張ろうと思いましたが、後一歩のところでとどまりました。僕はあみ〜ごに頑張って欲しいねんけどなぁ。彼女のデビュー曲のPV撮影地がグァムだったから、という地縁がその応援理由ですが。文章だけはテンション高く頑張ってましたよ。あそこはオヤジが悪い。

hammer:グァムでPV撮影って。きみが軍事評論を趣味としているから、そこまで考えること自体徹底してるよね。親もそうだけど、蛙の子は蛙。仮に復帰しても芸能界の引っ掻き回し存在になるでしょう。というかあそこまでイメージダウンしては無理でしょうね。

うっちー氏:確かにね。一時期は吉本興業が拾おうとしたけども・・・どうなんかなぁ。あそこまでしぶとくくすぶっているタレントも珍しいですが。

hammer:なんばにある小室哲哉がでてる吉本の広告(現在はないです)は、大阪の人間としていただけないのではといつも思います。わたしも生粋の大阪人ではないですが、あれはあかんやろ。

うっちー氏:そうなんですか?僕はアレをみて、友人と一緒に「小室さんは新喜劇出るために吉本入ったんやろ。」と言ってはせせら笑ってます。

hammer: 吉本入るにしては面白くなさ過ぎる「芸人」やね。 吉本は音楽部門で力を入れたくて彼を入れたんだけど、 今の時代、彼の音楽が売れる時代ではなくなってるから、最大の負債を抱えることとなりますね。あいつ、吉本の不良債権やなあ。

うっちー氏:その辺の凋落ぶりが面白いということなのでしょうか。彼の結婚式、視聴率も惨憺たる結果だったようで。一体、吉本は彼に何を期待したのやら・・・。最近は結婚式以外、活動したんかな?

hammer:あれだって、騒ぐのはワイドショウくらいでしょ。一般市民は見向きもせず。

うっちー氏:昔は飛ぶ鳥落とす勢いだったのに・・・今となっては見る影もないですね。無惨。
| hammer | ザ・対談 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |