スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Shotter's Nation/BABY SHAMBLES 2007・英
無駄に世間をにぎわせているPete DohertyのBABY SHAMBLESの2nd。1stの孤独で退廃的な雰囲気とは打って変わってポップなアルバムに仕上がっている。独特のゆるさは変わらないが、Peteの甘い声とサウンドがうまくマッチしていてのんびりしたいときにはうってつけである。元文学少年ということを彷彿させる叙情性も豊かだ。

THE LIBERTINESはPeteの甘さとCarlのシャープさがうまく融合していたバンドといえるかもしれない。2004年に事実上「解散」してからのそれぞれのプロジェクト(BABY SHAMBLES、DIRTY PRETTY THINGS)の音を聴くとその違いがクリアになっている。お互いのバンドも悪くはないけど、やはりあのTHE LIBERTINESは奇跡だったのかなあ。 

今夏日程やステージは異なるが、彼らは同じReadingに立つ。それぞれの成長ぶり(もしかしたら退化ぶり)を目撃できることは光栄だと思う。というか、未だに彼らがちゃんと本国イギリスで評価されてるということ自体すごいかも。 


推薦者:hammer
| hammer | ディスクレビュー-洋楽B | 09:59 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:59 | - | - | - | - |