スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Magic Road E.P./THE BLUESKINS 2003・英
イギリス・ガレージ・パンク・バンド、ブルースキンズ。そのセカンドEPである今作。五曲入りというたっぷりな内容で非常に良い。しかし、私は別にこのEPにこだわって取り上げたのではない。ブルースキンズを取り上げたかったから、取り上げたのである。 さて、去年デビューしたバンド、ブルースキンズ。パンクかガレージか、オルタナティブな現代において限定することは難しいが、素晴らしいサウンドに惚れ、個人的にシングルは全部買い、フランツ・フェルディナンドより今年は期待しているバンドだ。 ソリッドなギター・サウンド、キレるボーカル、たんたんとしたリズム隊。だが、安定感のあるそのサウンドはバンドの自己を確立させている。打ち込みなどにも一切頼らず、4ピースで全てをこなす、DIYの良い例だ。またサウンドだけでなく、アートにもこだわっている。今までのジャケット、ホームページ、独特なアート感で作り上げられている。

四月に決まったデビュー・アルバム「Word of mouth」。これが新しいブルースキンズのステップになるのか、他の新バンド、Zutons、Cribsなどに差をつけれるか。楽しみだ。


推薦者:めぐめぐ氏
| hammer | ディスクレビュー-洋楽B | 16:11 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:11 | - | - | - | - |