スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Blue Lines/MASSIVE ATTACK 1991・英
なぜかわたしの周りではMASSIVE ATTACK好きを公言する人が少ないが、本国では未だに大人気で今年のGLASTONBURRYでもたくさんの人にベストアクトに挙げられているようである。実際にわたしもフェスで2回程拝見させていただいたが、また観たいと思わせてくれる。ヴォーカルまでも楽器の一部として曲ごとに使い分けるような音楽性の重視という姿勢は単なるカントレ(演奏家)ではなく、音楽家である。レイジは政治の為に音楽があるが、マッシヴは音楽の為に政治的メッセージを利用しているのではないかと思う程である。
90年代初頭にリリースされた彼らの1stは、漆黒に満ちた『100TH WINDOW』等とは違い幾分か明るさがあるように思える。女性Voの声も伸びやかだ。(とはいっても基本的には明るい音楽とはいえない。音を楽しむという単語を使うのも気後れする。)それは彼らの若さなのか、まだ時代がそこまで悪くなかったのか。それはわからないが、少なくともこのときはまだ3人だったし、TRCIKYも抜けて間もなかったし、今のMASSIVEにはない多彩さも感じられるアルバムである。勿論冒頭にも書いたように今のMASSIVEも好きだ。

推薦者:hammer
| hammer | ディスクレビュー-洋楽M | 22:18 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:18 | - | - | - | - |