スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Sam's Town/THE KILLERS 2006・米
アメリカの4人組(位の)ロックバンドはここ近年ぱっとしないと思う。もちろんMy Chemical Romanceだとか馬鹿売れしているひとたちはいるのだけど、どことなくメタリックな香りがするのでわたしはあんまり好きではない。

このKILLERSも一回聴くとUKのバンドなのだろうかと思ってしまうが、アメリカ出身である。しかしサウンドの色からしてUKに受けるらしく、UKでの方が先に成功を収め本国に逆輸入される形となった。ロックバンドではないが、Scissor Sistersと同じである。

武骨なロックサウンドだけではなくところどころキーボードの波が泳ぎ80年代っぽさをかもし出している。そういう切なさというかノスタルジックさが比較的万人受けしているのではないだろうか。先日のライブでもファン層が意外と広かった。年代もそうだし服装ひとつとっても普段ロックライブに来なさそうな人がいた。今後も息の長いバンドとなるかもしれない。


推薦者:hammer
| hammer | ディスクレビュー-洋楽K | 13:21 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:21 | - | - | - | - |