スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Riot City Blues/PRIMAL SCREAM 2006・英
世界を代表するカメレオンバンド・PRIMAL SCREAM。今回は前作・前々作のようなエレクトロニカ色の強い作品ではなく、正統派ロックで勝負してきた。。『Country Girl』の歌詞に代表されるように、エレクトロニカではなくロックの原点に戻ろうというのが彼らのスタンスなのだろうか。感想といえばとにかくすごすぎる。言葉では説明できないが、とにかくかっこいい。もともとキャリアをつんでいてうまい人たちなのだが、勢いが衰えることを彼らは知らない

わたし自身はPRIMALについてはごくごく最近『EXTERMINATOR』以降しか知らない。ライブもフェスで何度か見たことがあったけどちゃんと見たこともないしなあ。今後PRIMALについては過去にさかのぼって聴いてみようかと思う。来日公演に行かなかった自分にすごく後悔。今年を代表する傑作アルバムのひとつである。


推薦者:hammer 
| hammer | ディスクレビュー-洋楽P | 11:38 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:38 | - | - | - | - |