スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Black Holes And Revelations/MUSE 2006・英
最高傑作アルバム『Absolution』の次回作ということでそんなに期待もしていなかったが、MUSEは期待を裏切らない作品を届けてくれた。(あまり使いたくない表現だが)9.11に象徴される現代社会への憂いを壮大なスケールの音によって表現した『Absolution』と比べて、MUSE本来のよさも失わないながらも要所要所に遊びも混じったアルバムだ。Matthew曰くこれがMUSEのパーティーチューンなのだとか。おそらく楽曲には、それらを手がけるMatthewへのイタリア人ガールフレンドから受ける精神的影響、安心感が反映されているのではないだろか。

『Supermassive Black Hole』のPVはなかなかイケている。GARBAGEの『Push it』のようだ。監督が同じなのだろうか。やはりMUSEのディスクレビューを書くのは本当に難しい。スケールがでかすぎるのでわたしのボキャブラリーでは表現しきれないからだ。とにかく音楽を聴いてほしいし、行ける人は来年の来日にぜひ足を運んでほしい。


推薦者:hammer
| hammer | ディスクレビュー-洋楽M | 10:35 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:35 | - | - | - | - |