スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Despite Of Our Differences/INDIGO GIRLS 2006・米
前作『All That We Let In』では2004年というある種混沌といていた時代の中で憂いを歌っていた彼女たち。前作と比較して近作は明るいメロディや歌詞が耳につく。P!NKとのコラボレーション等もあるが、あくまで自分たちのスタイルが重要でありクレジットを見ないとP!NKの参加もわからないほどその個性は失われていない。 
実にきれいなハーモニーを聴かせてくれ、声が楽器の一つであるということをひしひしと感じさせてくれる。AmyとEmilyは基本的に対等な存在であり、それぞれの持ち味を各曲に生かしている。Amyが前面に出た方がいい曲ではAmyの個性が輝き、Emilyが前面に出た方がいい曲ではEmilyの個性が響き渡る。彼女たちの政治や世の中に対するスタンスが楽曲にもよく現れている。
INDIGO GIRLSとはアメリカの女性フォークデュオ。80年代前半からアトランタを中心にコーヒーショップ等活動し、89年に『Indigo Girls』でデビュー。デビュー作はグラミー賞のベストコンテンポラリーフォークアルバムわたしの周りで誰も聴かないINDIGO GIRLS。一度聴いてみてください。

推薦者:hammer
| hammer | ディスクレビュー-洋楽I | 22:48 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:48 | - | - | - | - |