スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Live in Hyde Park/RED HOT CHILI PEPPERS 2004・米
レッチリの初のライブ・アルバムである。今まで海賊盤で満足してたレッチリ・ファンの人には有り難い。なんと言ってもレッチリはライブが凄い。今年の「ロック・オデッセイ」におけるライブも最高だったと言うし、いや本当、痺れるサウンドである。このアルバムはイギリス、ロンドンにあるハイド・パークにおける三日間のライブの総集編でイントロを入れて26曲、二枚組のたっぷりなボリュームになっている。選曲はベスト・アルバムの曲が中心で特に「カリフォルニケイション」と「バイ・ザ・ウェイ」の収録が多い。とにかく最高に研ぎすまされたサウンド、即興が凄すぎる。
一曲目のフリー、ジョン、チャドの即興も凄いが二曲目の「キャント・ストップ」から三曲目「アラウンド・ザ・ワールド」、そのまま四曲目「スカー・ティッシュ」、五曲目「バイ・ザ・ウェイ」の流れは最高の一言。唸りまくるフリーのベース、基本的スタイルは崩さないが切れる刃物のように切れ味の良いジョンのギター、そしてリズムの要、チャドのドラム、みなプロ中のプロである。テクニックで言えばイギリスのバンド、例えばオアシスなんて比べるに値しない。アンソニーの歌声もよく聞こえるし、ラップ部分もそつなくこなしている。レッチリ、やっぱり最高だ!ファンは絶対買いである。

推薦者:めぐめぐ氏
| hammer | ディスクレビュー-洋楽R | 21:16 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:16 | - | - | - | - |