スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
The Power To Believe/KING CRIMSON 2003・英
キング・クリムゾンのオリジナル・アルバムとしては13枚目となる作品。ロバート・フィリップが掲げたテーマ「ヌーブォー・メタル」の過程上に位置する作品である。そもそも「ヌーブォー・メタル」自体が「ニュー・メタル」に対する比較用語としてロバートの口から飛び出したのだが、かなり抽象的であり、捕らえにくいが、「パワー・トゥー・ビリーブ」はハード・メタルと解釈してよさそうである。
アルバムの根幹をなす「レベル5」は「太陽と戦慄パート5」か!?と推測されているが、たしかにあの独特な旋律がこの曲にも登場する。とにかくブリューとフィリップのツイン・ギターが凄い!恐ろしいほど完成度が高い。その他の曲も今まではなかった打ち込みが多用されていて面白い。とりあえず、「ヌーブォー・メタル」の真の姿は次回作に期待しよう。


推薦者:めぐめぐ氏
| hammer | ディスクレビュー-洋楽K | 16:25 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:25 | - | - | - | - |