スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
風味堂2/風味堂 2006・日
わたしは自分の好きなバンドが売れるとうれしくないというひねくれ者である。風味堂も少しブレイクしかかっているのでおもしろくない。2ndについてはだいぶお金をかけてもらったんだなとジャケットを見て思った。中身はなかなかおもしろいが、やはりブレイク寸前ということを思うとおもしろくない。

そんなこんなで2ndを聴いてみた。1stの方が曲はよかったなあ。前作はデビューアルバムということで長年寝かしてきて味が出た曲が多かったのかな。今回の作品は前作から1年くらいで製作しているためまだ半生のような気がする。でもプロはそれじゃだめでしょ。

歌詞にしてもちょっと中途半端だなあ。ちょっと粗っぽいんだよね。せっかくいいバンドなんだから時間はかかってもクオリティ高いものを作るか、短期間でもクオリティ高いものを作るかしてほしいな。次回作に期待したい。


推薦者:hammer
| hammer | ディスクレビュー-邦楽は行 | 11:02 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:02 | - | - | - | - |