スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
The Alan Smithy Band presents Echoes of 10 Years
日時:2010年5月15日(土)19:00〜
場所:STAR PINE'S CAFE


実に久しぶりにTHE ALAN SMITHY BANDが東京へやってきた。初めて彼らのライブを観たのは、友達のバンドの対バンだった。かれこれ9年わたしのファン歴も長いもんだ。さて、彼らの結成10周年を記念して新譜をひっさげてライブが行われた。しかもわたしの好きなSTAR PINE'S CAFE@吉祥寺。これは行くしかない。悠とぼっつにも声をかけ3人で出かける。

今回はOHIO101とサンタラという、またいい組み合わせ。OHIOは3年くらい前にこれまたAlan Smithyの対バンで観たのだが、明らかに今回の方がいい。3人だけど音が厚い。上手いのはもちろんだが、曲にあたたかみが出ている気がする。音自体は結構ヘビーなのだが。彼らの自分たちの音楽への愛情みたいなものが感じられた。1曲1曲は結構短い気がするが、気がつけば1時間たっていた。Vo.の鈴木さんはわたしが高校時代結構好きだったフラワーカンパニーズの鈴木圭介の弟さんだそうだ。まじめにCDを買って聴いてみよう。

続いてAlanSmithy。こういうときに限ってBa.のすぎやんは骨折というとても面白いことをやってくれる。フロント3人は替わっていないが、Drは結構歴代替わっている。(たぶん歴代のDrのライブをすべてわたしは観ているんじゃないか?)もとやんは初。包容力のあるドラマーだと思った。新譜中心だが、『青春マギー』『Snow Man』といった中期の曲もやってくれた。初期の名曲がちょっと少なくて残念だが、近年の曲(『Out of Control』や『Looking at you』)はちょっとゆるいファンキーさが増した感があって新譜に収録されていて聴いたことがなくても乗れる曲が多い。あとはAlanSmithyのライブと言えばMCのおもしろさ。ヒデ/ヨウジ氏の絶妙なかけあいが観るものの笑いを誘う。すぎやんがいればもっとおもしろいのにと思う。でもサポートBaの人もいいよなあ。すぎやんが怪我でもいい人を捕まえられるのは、AlanSmithyの力だろう。

スペシャルゲストのサンタラ。キョウコちゃんの声はいつ聴いてもいい。『三番目の恋人』をAlanSmithyとのセッションで聴けると思わなかった。キョウコちゃんの黒のカットソーが可愛い。ヨウジ氏と砂田さんは雰囲気がよく似ていると思っていたら、会ったらいつも二人で食事にいったりするらしい。もうちょっとサンタラの曲が聴きたかったなあと思うが、サンタラの単独にそういえば行ったことがないので、今後は行くようにしよう。

悠もぼっつもかなり楽しんだらしい。それが何よりも嬉しい。こういう地道にファンを増やす活動はファンにとってもバンドにとっても重要。「スタジオ行きたくなって来た」とのこと。こちらも創作意欲がわいてきたので、いつかステージにたてるようがんばりたいと思います。
| hammer | ライブレポ-邦楽 | 14:51 | comments(2) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:51 | - | - | - | - |
ぜひ。この3組のCDを買って聴いていますが(特にサンタラ)、ライブのほうが圧倒的にいいんだよね。
| hammer | 2010/05/23 9:00 PM |
良かったです。
とても良かったです。

バンド名とかから何となく
自分には肌が合わないと勝手に思い込んでいただけに尚更。

また観る機会があったら誘ってね!
| 悠 | 2010/05/18 7:18 AM |