スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
菊地成孔 コンサート2008 第一夜 菊地成孔ダブ セクステット
今年のフジロック二日目の夜、underworldに行く足を拒ませたのが、苗場食堂での菊地成孔ダブセクステットだった。その場の雰囲気にあわせて息のあったセッションを繰り広げる彼らは、一瞬にしてわたしを虜にした。大人のためのカッコいいバンドだった。何年か前にUA×菊地成孔でフジロック出演をしていたが、確か寝過ごしか何かで見損ねた経験があった。菊地成孔はUA以外にもカヒミ・カリィら多くのミュージシャン達とコラボレートしているが、お互いの良さを引き出しあっていてよい。

その菊地成孔が、Bunkamuraオーチャードで公演するという。これは以前トゥーランドットを観に来たときに知った。しかも二夜連続で別のバンドという。素敵だ。オーチャードはクラシック向けのホールだが、彼のジャズセッションにはきっとぴったりのはず。本当は二夜連続行きたかったが、二日目は売切のため一夜だけだが行ってきた。

随分長い前置きだが、菊地成孔のライブは素敵という言葉がぴったりだ。華のある音楽というか、その場にいるだけで場が華やぐ女性がいるが、まさにそんな感じだ。曲自体は10曲程度と少ないが、2時間たっぷり聴かせてくれる。トランペットや他のメンバーとの掛け合いが絶妙。このダブセクステット自体としてはそんなに長いキャリアはないと思うが、息がぴったりだ。それともジャズミュージシャンは本来そういうものなのか?というか、そもそもこのライブから随分間が経ってしまい、その興奮をリアルに伝えたいが文章力が追い付かず残念。

わたしの周りで菊地成孔が好きだという人、それ以前に聴いたことある人は知らないが、フジロックにもたまに出ているので、ぜひ要チェック。もともとジャズ以外でもダンスミュージック等幅広く音楽が好きな方のようなので、彼ならその広い引き出しからロックフェスティバルという名前にぴったりの選曲で、私達を楽しませてくれるはず。そしてそこで虜になった人は、私と一緒に来年も開かれるであろうオーチャード公演に行きましょう。

| hammer | ライブレポ-邦楽 | 20:57 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:57 | - | - | - | - |