スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Live & Cafe 原宿 JETROBOT (アランスミシーの息子/サンタラ、林良太(ミックスナッツハウス) )
日時:2008年4月20日(日) 20:00〜
場所:原宿JETROBOT


アランスミシーの息子&サンタラのコラボライブ再びということで、慣れない原宿に足を運んだ。竹下通りは若いぜ。

今回は、ミックスナッツハウスというバンドの林良太さんのソロから。一言でいうとおとめちっくという感じ。(本人はその気はないのかもしれないが)『チョコレートは止まらない』という曲が気に入ったのでCDを購入した。初めて聴いたが歌詞がするすると入ってきて、こちらの創作意欲もかき立ててくれる。一つ一つの言葉の重みに押しつぶされるような歌詞ではなく、日本語のことば遊びがうまいなあと思った。

アランスミシーの息子は今回は2人編成。久しぶりに『Just for the sake of it』が聴けてよかった。Cyndi Lauperの『Time After Time』のカバーもあり。原曲と全く異なる世界観は樫本氏の個性によるところは大きいと思う。JEROネタ等相変わらずおもしろいMCだが、MCも含めてアランスミシーのライブは全力投球しているので、相当エネルギーを遣うのではないかと思う。

サンタラはまだチェックしていない新曲やインディーの頃の曲が中心。小さなステージだが貫禄は十分。あとからCDを聴いてみたが、「UPSIDE-DOWN」はこのときの二人のシンプルな演奏の方がずっといいと思う。アランスミシー、林良太を交えたセッションがThe Beatles『I saw her standing there』(わたしが一番好きなThe Beatlesの曲)だったのでテンションがめちゃくちゃ上がる。帰りにサンタラのエコバックを買い、キョウコさんのblogをまとめた文庫本をもらう。

久々のライブで自分の創作意欲がかき立てられた。ちゃんとMacを活用して曲を形にしようと思った。
| hammer | ライブレポ-邦楽 | 22:17 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:17 | - | - | - | - |