スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ザ・対談 in フジロック〜フジロックにみる国際恋愛事情
お相手:アユミティ嬢(大阪府在住)


〜2日目・グリーンステージにてASIAN DUB FOUNDATION待ち〜
hammer: 外人(白人&日本人)カップル多いな、フジ。

アユミティ嬢: でも絶対、白人男性と日本人女性よね。

hammer: そういえば、そうだ。なんでやろうね。逆はないんかな?

アユミティ嬢:欧米人女性からしたら、「女性をリードできない日本人男性は頼りない!」とか「バーでひとりで飲んでても、声さえかけてこないなんて情けない!」って感覚らしいよ。

hammer:「わたしたる女がいるのに、手さえ出さないのは何事!!」ってことですかい。へえ、自信家だねえ。

アユミティ嬢: そうそう、感覚が違うね。

hammer:でも、そのシャイなところが日本人男性のよさだと思うけどね。あと、そういう風に安易に女性に声をかけない(例外はいますが)ところが優しさではないだろうか。

アユミティ嬢: うちもそう思う。でも彼女らは違うみたいやね。

hammer:でも、逆はありということか。「欧米人男性は日本人男性と違って、気も利くし優しい。何よりもかっこいい。」と考える日本人女性もいるわけね。

アユミティ嬢: そういえば日本病の話知ってる?

hammer: 何、それ?

アユミティ嬢:たとえば、NOVAとかの契約講師として1年くらいアメリカとかからやってくる男の先生がいるやん。たった1年しかいないけど、日本人って外人だからってちやほやするから、どんだけ本国でももてない人でも女の子にももてる。そしてその感覚でアメリカに帰っちゃう。そして、帰国してそのギャップについていけなくなるらしいよ。

hammer: ほほう、それで日本病というわけか。

アユミティ嬢: しかも、その人らの多くはまた日本に戻ってくるんだって。

hammer: たった、女にもてるからって理由で。なんと志の低い野郎どもだ。

アユミティ嬢: うん、でもそうみたい。

hammer:なるほど。その日本病野郎どもがフジにたくさん女を連れてくるわけね。みんながみんなそうではないにしろ。

アユミティ嬢:ついていくほうも、ついていくほうだけどね。女の子たちも彼氏の影響で洋楽聴き始めるのかなあ。

hammer:洋楽好きがたたって…というのもあるかもしれん。

アユミティ嬢:どっちにしろ、うちらにはわからん話やね。
| hammer | ザ・対談 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:17 | - | - | - | - |









http://culture.jugem.cc/trackback/109
”Asian Dub Foundation 4/14 名古屋 クラブダイアモンドホール”
 思いっきし踊らさせていただきに、ADFのライブへ行ってきました。  公演は7時からでしたが、オープニングアクトのAfrican Head Chargeがあるので「8時位に入ればいっか」くらいに思ってたんですが、AHCのことを調べてたら、こりゃ見といたほうが良いな、てことで
| アフターアワーズ 2 | 2005/04/22 7:34 AM |