スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
カバーアルバムの多発を考える。
お相手:かなぺ氏(兵庫県在住)


hammer:誰がブームの火付け役になったのでしょう。なごり雪くらいしか記憶にないですが。誰か忘れたけど、なんか3月くらいに結構近所のコンビニで流れていたような気がします。

かなぺ氏:ああ、デビューしたての人らやん。多発のきっかけは、もっと大御所じゃない?陽水とかさ。

hammer:だったと思う。誰だったっけ?今年に入ってのこのブーム。

かなぺ氏:贈る言葉もそうやね。去年林檎も出したしさ。

hammer:スピッツの草野マサムネなどがデュエットしてたね、『灰色の瞳』とか。カバーアルバムに限らずwinmxで検索するといっぱい出てきますね。

かなぺ氏:へぇ。個人的になんかカバーってあんまり好きちゃうしなぁ。

hammer:知人のよっと氏は「自分に自信のなさのあらわれ」みたいなことをおっしゃってますが。

かなぺ氏:トリビュートかなんだか知らんが、そんなんは自己満足で終わらせておけという話よ。

hammer:そうそう、原曲をこえられるのが少ないですしね。

かなぺ氏:それを『俺はこういう解釈で名曲をちょっとアレンジしちゃうぜ?』『どう、おれのこのセンス』みたいな態度がひしひしと感じられる。

hammer:それがピントあってればいいのにね。

かなぺ氏:そうなのよ。うまくいけば、すばらしい。

hammer:Rufus Wainrightの『Across the Universe』みたいに歌唱力で勝負するって言う手もありますがね。

かなぺ氏:歌が上手いってのはそれだけで素晴らしいから別に小細工がいらんと思う。

hammer:だからあれはノーアレンジで勝負してるんですね。

かなぺ氏:他は上手くないからアイデアに逃げんのとちゃう?パンクバージョンとかさ。はっきりいって聴きとうないぞ、と。そうでなくてもたとえば、アーティストへのトリビュートアルバムとかはいいと思うのよ。

hammer:hideのトリビュートはすごかったですよ。SHAMSHADEのピンクスパイダー。放送禁止モノですね。あの声でそのまんまのアレンジで。

かなぺ氏:死人に口なし。思ってんけど、カバーって印税はモトの人やん?歌う人には歌唱印税しか入いらんよね。もしモトの人がもう売れなくなっててダメダメじゃん!な人やったら、なんか人助けみたいでヤダ。

hammer:歌う側にとってはもうけにもならんし、生産性ないしね。

かなぺ氏:カバーなんてのは、ライブのアンコールくらいで調度ええねん。そのほうが、ほんまに好きっぽい感じがする。

hammer:中村和義の『冷たい頬』(スピッツ)とかね。あれはよかった。なかかずがカバーしてもいいのはなかかずがすごいからでもあり、マサムネの才能もすごいから、成立するのである。よって、たいしたことのない人たちがやみくもにカバーするのはただのコピー。

かなぺ氏:そのへんのヒヨッコがカバーなんてしてはいけません、と。デビューしてんから、自分の曲で勝負して有名になるべきやな。

hammer:まさにそういうこと。アマチュアがライブでコピるのはいいと思う。ただ、中途半端なメジャーがやるのは、どうかな。カバーされる人からしたら光栄なことなんだろうけどね。

かなぺ氏:だな。うれしいだろうよ、金も入るし。

hammer:だからポールマッカートニーはいまでもウハウハということだ。

かなぺ氏:あ、でもビートルズの版権はマイコーが持っとるからねカラオケでビートルズ歌うたびにマイコー、ウハウハ。

hammer:そうだった。でも何らかの形で印税が入ってくることは来るらしい。

かなぺ氏:ええ身分じゃ。

hammer:それだけでなく関係ない奴までももうかるということか。資本主義って難しい。ところで、でもこのブームはいやですが、自分がカバーアルバム出すなら、何を入れますか。このテーマで「テーマの鉄人」したら、おもしろそうだね。

かなぺ氏:それええね。

hammer:では次回のテーマの鉄人は「わたしがカバーアルバムを作るなら」というテーマでやってみよう。
| hammer | ザ・対談 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:16 | - | - | - | - |









http://culture.jugem.cc/trackback/108