アイルランドの音楽フェスとライブに行ってみた

このBlogも2年くらい放置しておりましたが、現在アイルランド在住です(おそらく近々この国も出て行く予定)。最近アイルランドの音楽フェスとライブに行ってみたので、その時感じたことを書きます。

 

Longitude 2017

日時:2017年7月14日〜16日

場所:Marlay Park, Dublin

*ただし7月16日のみ参加

 

Belle and Sebastian

日時:2017年7月20日

場所:Iveagh Gardens, Dublin

 

Longitudeはダブリン郊外で行われる小規模なフェスで、ラインナップもフジロックや他のUKのフェスと比べてかなり小ぶり(アイルランドにおいては9月に行われるElectric Picnicというフェスが一番大きい)。屋台の数も決して多くはなく、フェスというよりも、ちょっと大きな音楽イベントという感じだった。時間帯は14時から22時過ぎまでで、オーバーナイトキャンプはなし。気になったのはゴミ。ゴミ箱がなく、その場に捨てるのが当たり前になっていた。

UKフェス同様、演奏よりものんびりその場の雰囲気を感じるのが醍醐味という感じがした。お客さんは若い人が多く、カップルや友達同士でハイキングに来るような感覚で来ていた。私は一人で参加したが、見た限り単身での参加は私だけであり、ぼっちにはかなり辛かった。会場自体は小さいものの小さいがためにステージ間の移動は楽だった。ラインナップは小ぶりとはいえいろんなジャンルのミュージシャンがおり、それぞれいい演奏やパフォーマンスを披露してくれた。まさにハイキングの延長で、親しい仲間同士のんびりするにはとてもいい。会場から垣間見える美しい緑に癒された。天候も良かったので、ラッキーだった(雨なら結構きついかも)。

 

ベルセバのライブは18:30ゲートオープンで、前座が19:30、ベルセバは20:30登場。こちらはダブリンの街中の夏限定の屋外会場。何度も見ているから特にこれといってすごさや真新しさを感じることはなかったが、安定していい音楽を届けるバンドであった。複数のメンバーが複数の楽器を掛け持ちし、曲に合わせて立ち位置を変えるというのはベルセバならでは。もともとキャリアの長いバンドであるから演奏自体も落ち着いて聞くことができた。ファンもLongitudeに比べて年齢層が高め。私は最初の方は前方で、最後は後方で見ていたが、前方であっても派手に盛り上がるファンもおらず、30代半ばには優しいライブであった。アイルランドは人口も少ない島国なので、UKミュージシャンのヨーロピアンツアーから外されることも多い。好きなミュージシャンを見ることができたのは、非常にラッキーであった。

 

今回立て続けではあるが、久しぶりにプロミュージシャンの音楽に触れることができて幸運であった。

| hammer | ライブレポ-フェス | 19:23 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:23 | - | - | - | - |