スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Prism/KATY PERRY 2013・米
マーブルチョコのようにカラフルでインパクトのある作品であった前作が大ヒットしたがゆえに、次回作は随分ハードルが上がるなと思っていたが、心配は無用であった。彼女の持つ天真爛漫さはそのままで、うまく大人に成長している。作品と、ジャケット、アルバム名がマッチしている。前回がカラフルなら今回はキラキラか。さらに、当然別々にレコーディングしたのだろうが、まるでライブのような疾走感、臨場感ある仕上がりになっている。それでかつ1曲1曲がポップでわかりやすく、万人受けするだろう。素人にも玄人にも受けると思う。

夫は本作について褒めたあと、「Katy Perryは曲に恵まれてる」と言ったのだが、正しくもあり間違ってもいると思う。Katyはガチガチのシンガーソングライターではないので、確かにプロデューサー陣の腕によるところも大きいのは否めないが、彼女の素養があって成り立っているのではないか。もちろん奇抜な格好も目を引くが、彼女の声はとてもよい。決して甲高くはなく、どちらかというとロック寄りの太い声である。この声が単なるアイドルにならない所以とも思う。


推薦者:hammer
| hammer | ディスクレビュー-洋楽K | 21:06 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:06 | - | - | - | - |