スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物”
日時:2013年11月1日(金)
場所:市川市文化会館

久々のスピッツアルバムツアーである。前回が震災の年だったから、2年半ぶりである。今回のアルバム自体がそんなに好きな作品でもなかったことと、ある程度スピッツのライブに行き慣れていることもあり、期待以上とかそういうことはなかった。特に今回は記念すべきツアー初日であったため、予想はしていたがメンバーが演奏し慣れていなかった(ただ、それでがっかりということもなく、年々ライブの腕を上げているので、十分楽しめた)。

選曲は新作主体で新作に合う過去の作品や、ライブの定番曲をちりばめている。MCもいつも通り天然でロックバンドと言えない位ユルい。舞台セットのアートも微妙に凝っている。スピッツのホールライブに行った人ならわかる、いつも通りのスピッツだった。 ただ、これまでと異なるなと思ったのは、年齢層が明らかに広がっているということ。明らかに還暦を過ぎたであろう女性や、『ロビンソン』をリアルタイムで聴いていないこと間違いなしの小学生(もちろん親同伴。ファンになったのも親の影響に違いない)等、ファン層が10%上下に広がっている印象を受けた。

あとはわたし個人の違いといえば、今回悲願の単独公演参加のgouさんが同行したことだろう。市川市民会館(スピッツは小さなホールでやりがち。そのため首都圏、関西圏ではチケット確保が激戦となる)という、都心からずいぶん離れた会場までわざわそ駆けつけていただいた。彼も大満足だったので、お誘いした甲斐があった。 今後もツアーのたびにライブに参加したい。普通にライブとしては一ファンとして楽しいだけではなく、またファン層がどれだけ変わったか、演奏力がどれだけ上がったか、マサムネの声はいつまで出るのか等ファンとしては楽しみである。

しかし生で聴くと、ベースラインの複雑さがよくわかる。田村ってあれだけ1人激しく踊りながら、あのラインを弾けるなんてすごいなあ。
| hammer | ライブレポ-邦楽 | 22:38 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:38 | - | - | - | - |